BIOGRAPHY

河内ユイコ 

 

Yuiko Kawauchi / Cellist

幼少期をシンガポールとオランダで過ごし、オランダ在住中9歳よりチェロを始める。
東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学をチェロ首席で卒業。
これまでにチェロを苅田雅治、ドミトリー・フェイギンの両氏に師事。
室内楽を苅田雅治、ドミトリー・フェイギン、大谷康子、斎藤真知亜、店村眞積の各氏に師事。
ソリストとしてだけでなく、ショーへの出演や、様々な企業・アーティストとのコラボレーションも行い好評を博している他、VOGUE JAPAN、FIGARO japonなど各誌面にチェリストとして紹介される等、ジャンルを問わず精力的に活動している。

Yuiko Kawauchi was born in Japan, and spent her childhood in Singapore and The Netherlands. She started studying Cello from 9 years old while living in The Netherlands.
After returning to Japan, she studied classical music at Tokyo College of Music High School as a Cello major, and graduated Tokyo College of Music at the top of her class.
She has collaborated with many bands and performing vigorously in various styles of music.

Website

www.yuiko-kawauchi.com

藤 望友 

 

Miyu Goto / Composer and Pianist

 

宮崎県出身。3歳より音楽に親しむ。
平成18年、東京芸術大学作曲科に入学。その後、広上淳一氏指揮によりオーケストラ作品「Rhapsody for orchestra」が初演される。
平成24年、東京芸術大学大学院作曲専攻を卒業。卒業時に同大学より成績最優秀者に贈られるアカンサス音楽賞を受賞。
これまでに作曲実技を野田暉行、安良岡章夫の各氏に、作曲理論を尾高惇忠、市川景之、齊藤武、ピアノを中尾純、清水嘉子、太田雅子の各氏に師事。
クラシックの委嘱作品、J-pop、ドラマ音楽、CM音楽までジャンルを問わず制作し活躍している他、近年では独自の和声感やリズムを全面に押し出した音楽を制作し発表している。Retrospectiveの活動では全ての作曲、編曲を担当。

吹奏楽連盟より吹奏楽賞受賞。TIAA全国作曲家コンクール審査員賞受賞。

洗足現代音楽作曲コンクール第1位。

Miyu Goto is a composer and pianist.

In her high school days, she was selected as a composer to represent Japan in a JOC world concert.
She resolved to go into composition and entered The Tokyo National University of Fine Arts and Music. She graduated from it as the top student, obtaining a master degree of music.
Now she performs a solo project where she does all the music production, piano playing, composition, recording, and mixing. She has named the music she does IMITATION CLASSIC which has its own rhythm and harmony. She has gained many fans.

Major prizes:

SENZOKU Contemporary Composition Competition / The first prize
TIAA All Japan Competition of Composer / The jury special prize
Japan Wind Orchestra / The special prize of wind orchestra

Website

www.miyu-goto.com